作成者別アーカイブ: びーたろー

短期間で効果を出すために

短期間で効果を出すためには、しっかりと体に対して負担をかけなければなりません。これは体力を向上させるためには、また筋肉を増やすためには、軽い運動を長時間を行った場合では、筋肉をつけることは難しくなってしまうのです。高強度のトレーニングを行うことにより、体に対しての刺激を与え、そして筋肉を発達させることが可能になるのです。


これは人間が体を回復させるために、成長ホルモンを分泌しやすい状態を作り上げなければならないからです。成長ホルモンは、軽い有酸素運動では、分泌量を増やすことはできないのです。高強度のトレーニングを行うことにより、成長ホルモンの分泌量を増やすことが可能になるのです。そのため筋トレを行う場合には、体を限界まで追い込むことが必要になります。
筋力トレーニングにおいて、効率良く成長ホルモンを出すためには、体へのたくさんの刺激が必要になり、毎回のトレーニングごとに体を限界まで追い込むことが大切になります。短期間で効果を出したいのならば、この体への刺激を最大限にすることが必要なのです。しかし大切なことは、しっかりと体力を回復させることです。筋量を増やすためには、十分な回復が必要となるからです。

筋肉をつけると痩せるメカニズムについて

中年になって太り始める人が多いのは、筋力が衰えて基礎代謝が落ちるせいです。普段の生活においての代謝量が落ちれば、食べたものがそのまま脂肪として体内に蓄えられるようになってしまいます。反対に筋力を維持している人であれば、基礎代謝によって脂肪を消費することになります。


 

一方で筋肉をつけるためにトレーニングをしている人には、余分な脂肪がつきにくいです。そのトレーニング自体が活動代謝となって脂肪を溜め込まない、という理屈です。現代人はたいてい忙しい生活を送っているので、筋力トレーニングも効率よく行えるように工夫したいものです。どうすれば良いでしょうか。

まずいつトレーニングを行うか、です。一番良いのは夕食後でしょう。食事で摂取したタンパク質を効率的に筋肉に変えて行きます。トレーニングによって筋肉をいじめると、その組織は一度壊れるようになっています。そして48時間かけて修復します。そのため同一部位のを鍛えるのは中二日空けるのが良いでしょう。そしてその二日間は別の部位を鍛え、ローテーションとするのです。

ところで筋力トレーニングを開始すると、筋組織は20分ほどで成長を始めます。そして就寝後、成長ホルモンと回復ホルモンが分泌されますので、筋組織とこれらのホルモンの分泌を出来るだけ近くするためには、夕食にタンパク質を摂取した後、就寝前までに行うのが効率的なのです。

ダイエットのために効果的なペースとは

ダイエットは3つの要素で成り立ちます。第一に食事制限です。これは1日の総摂取カロリーの範囲内で十分に栄養をとり、かつ過食を防ぎます。第二は有酸素運動で、蓄積した体脂肪を効果的に燃焼させます。第三は筋トレであり、筋力をつけることによって基礎代謝を向上させ、太りにくい体質を作り上げます。ここでは筋トレについて詳しく見てみましょう。


 

普段運動する習慣のない人は、まずは初心者向けの教則本を入手します。身体の各部位の筋肉を、どのようにして鍛えて行くか、ということを理解して実践します。隆々とした筋肉質の身体を作り上げるのではなく、日常生活をシャープな動きで送れるようにするための、最低限度の筋肉をつけるのが目的です。

さてトレーニングを始めると、開始20分ほどで筋繊維が強化され、太くなって行きます。ただしトレーニングとは筋肉をいじめることでもあり、当該部位の筋肉は一旦トレーニングによって壊れてしまうのです。ただし筋繊維は太くなっていますから、48時間かけてゆっくり筋肉として再構築され、強化されます。そのため効率的に行うには、壊れた筋肉を翌日更にいじめてもよくありません。トレーニングした部位は、翌日・翌々日はいじらない方が良いのです。そのかわり別の部位の筋肉を鍛えましょう。つまりローテーションを作るのです。このペースで日替わりで各部位を順繰りに鍛えて行くのが効率的です。

なお更に効率的に行うには、夕食後から就寝前に行うのが良いです。食事で摂取したタンパク質を効率的に利用できますし、就寝後には成長ホルモンと修復ホルモンが分泌されますので、筋繊維の成長と壊れた筋肉の修復のタイミングを、近くするのです。

筋トレをしても体重が減らない時は

ダイエットを考えた時に、有効な方法が、日常生活に運動を取り入れる事です。
運動の中でも、脂肪燃焼を考えた場合、ウォーキング等の有酸素運動が効果的とされますが、その際に重要なのは、筋肉量を意識する事です。
有酸素運動をしても、脂肪を燃焼する為に必要な筋肉量が少ない場合、効果的に脂肪の量を減らす事ができません。


ですから、痩せたいと考えた際、筋トレを行い筋肉をつける事が有効です。
その為に、トレーニングから始めたけれど、想像していたように体重が減らないという人は珍しくありません。
その際、考えられる原因の一つに、筋肉と脂肪の比重の違いがあります。
脂肪は筋肉よりも軽いという性質がある為、脂肪が減り、筋肉量が増えた場合、体にとって変化が出ていても、体重という形に反映されていないだけの可能性があります。
その他、筋肉をつける為のトレーニングをしても、筋肉をつける為に適した食生活が出来ておらず、上手く筋肉を作る事ができていない可能性があります。
ですから、筋肉をしっかりとつけたいと考えた場合、トレーニングを頑張ると同時に、タンパク質をしっかりと摂取するなど、筋肉をつける為の食生活を意識する事も大切です。
それにより、筋肉をしっかりつけ、脂肪燃焼しやすい体を作る事ができます。

飲み物にも十分注意しよう

ダイエットをして、運動や食事制限をしても、体重が落ちないことがよくあります。
中々痩せないと、途中で挫折しそうなことや諦めることもでてきます。
そんな時に、思い出して欲しいのがいつも飲んでいるジュースなどの飲み物のカロリーです。
食べる物には、とても慎重になっているのに飲み物は、油断していることがあります。
最近は、カロリーオフやカロリーゼロというものが増えています。


確かにこの場合は、カロリーオフで飲んでも少しだけのカロリー値ですみます。
ここで注意したいのが、野菜ジュースや果物には以外と糖質が多く含まれていることです。
この糖質が多くなると、摂取したあとですぐに血糖値があがります。
これが、以外と落とし穴になり痩せないという結果に結びつきます。
痩せたいと、考えるならこの糖質問題などがあるものを避けることが賢明です。
水分補強には、体にいいお水だけにすることが安心して飲めます。
今は、ミネラルウォーターなどで、体にいいものがたくさんあります。
お水なら、カロリーもなくダイエットの邪魔をするものはありません。
そして、食事制限をしていると、食べ物からの水分補給が少なくなるので普段以上に水分は必要です。
痩せない時は、飲み物を見直すことです。

主食で意識したい食物の色!

ダイエットを志す上で避けて通れないのが、食事制限の道。量やカロリーを意識することも大切ですが、実は内容を見直すだけでも随分と身体に優しい食生活に変化させられるもの。では、特に大切な『主食』で注意したいことは、一体どのようなことなのでしょうか?


それはズバリ、『色』。主食と言えばお米やパンなどの炭水化物を思い浮かべる方が多いと思いますが、一般的にお米やパンは白いものが多いですね。それを、色がついたものに変えるだけで消化や内蔵に優しくダイエットに適した食生活に変えられるのです。色がついた主食と言えば、玄米やライ麦、全粒粉を使ったパンやパスタなど。茶色い炭水化物は精製されていない分食物繊維や栄養分が豊富に残っており、ダイエットに適しているのです。逆に白米や白いパンなどは、精製の過程でそれらの栄養素も削ぎ落とされており、口触りや香りなどは良いものの身体にとってはマイナス面が多いもの。また精製された炭水化物は著しく血糖値を上げてしまうので、色のついた炭水化物に比べ明らかにダイエットには不向きなのです。ちょっとした日々のチョイスの積み重ねで、必ずダイエットに効果が出てきます。白米よりも玄米、白いパンよりも黒や茶色のパンを選ぶようにして、一歩一歩スリムな身体へと近づいて行きましょう。

プロテイン摂取のタイミング

筋トレをして、脂肪燃焼するダイエットは、とても健康的で良いでしょう。より効率よくダイエットができるようにするには何をすれば良いのかと言うことを考えてみましょう。

実は、運動直後はゴールデンタイムと言われています。筋トレ後45分以内にプロテインを摂取すると効率よくその力を発揮することができるようになります。この時間帯に摂取することで、より筋力をアップできるようになります。筋トレで体の水分が少なくなっていますし、水分補給も同時に行えば一石二鳥ではありませんか。


筋トレによって疲れてしまった筋肉は、壊れてしまいます。それを食い止める役目をするプロテインを筋トレ後に摂取すれば、筋肉をパワーアップさせることができるというわけです。これを繰り返していくことで、筋力がどんどん鍛えられます。

筋力を鍛えることは、ダイエットにおいてとても大事な役割を果たします。筋肉によって脂肪を燃焼させることができるからです。基礎代謝があがるので、痩せやすい体になります。とにかく筋トレだけをするのではなく、効率よくプロテインを摂取して、より痩せやすい体を作りましょう。痩せにくい体の人も、これで痩せやすい体に変えることができるはずです。

アミノ酸の使い方

アミノ酸はタンパク質を作っている最小の成分で、人の体を作る上で必須な栄養素だとされています。
このアミノ酸は摂取することによって、筋肉などの生成はもちろん、脂肪を血液の中に分解させて燃焼させやすくするといったようなダイエット効果が期待されます。


 

ただ摂取してから脂肪が血液中にあるときに燃焼しやすくはなりますが、何もしないとそのまま脂肪は元の場所に戻ってくるので、ダイエット効果を得ようという場合には筋トレや有酸素運動といった運動をすることで、効率的な効果を得ることができます。

基本的には有酸素運動や筋トレ前の30分にアミノ酸を摂取してから運動を行っていくことで、体内における脂肪が燃焼されて代わりに筋肉が作られ、引き締まった体を手に入れることができます。

しかも筋トレなどで筋肉が作られることにより、その分基礎代謝も上がっていくことから、健康的な体になることはもちろんのこと、太りにくく痩せやすいというダイエットには最適な体質を手に入れることができるので、その場限りではなく後々にも生かされてくるのが魅力的です。

定期的に運動をするのが苦にならないというような方だと、このようなダイエット方法が向いています。

筋トレダイエットと食事制限ダイエット

ダイエットを行う時、筋トレダイエットと食事制限のダイエットでは大きな違いが出てきます。
食事制限で痩せた場合、すぐに体重も減少してくるのですが、脂肪とともに筋肉も減少してしまう為、将来的なリバウンドの確率を高めてしまいます。


筋肉が減少することで、基礎代謝量も低下しますので、それ程食べなくても体重が増加しやすくなるのです。
また、筋肉が減少することで、体のメリハリがなくなってしまい、締まりのない体に変化しやすくなります。
一方筋トレでダイエットした場合には、筋肉量を増加させられる特徴があるため、引き締まった肉体を手に入れることができます。
メリハリのある体に改善させることができるため、スタイルの良い体を手に入れることができるのです。
また、筋肉の量が増加することにより、基礎代謝が高くなってきますので、運動をしないときでも効率的に脂肪を燃やす体に改善させることができます。
このように、筋トレと食事制限では、ダイエットした後の状況が大きく変わってくることになります。
ダイエット後でも美しい体型を維持したいときには、体を動かして筋肉の量を増やしてみるとよいでしょう。
筋肉が増えることで、その後のリバウンドの心配もなくなってくるのです。