短期間で効果を出すために

短期間で効果を出すためには、しっかりと体に対して負担をかけなければなりません。これは体力を向上させるためには、また筋肉を増やすためには、軽い運動を長時間を行った場合では、筋肉をつけることは難しくなってしまうのです。高強度のトレーニングを行うことにより、体に対しての刺激を与え、そして筋肉を発達させることが可能になるのです。


これは人間が体を回復させるために、成長ホルモンを分泌しやすい状態を作り上げなければならないからです。成長ホルモンは、軽い有酸素運動では、分泌量を増やすことはできないのです。高強度のトレーニングを行うことにより、成長ホルモンの分泌量を増やすことが可能になるのです。そのため筋トレを行う場合には、体を限界まで追い込むことが必要になります。
筋力トレーニングにおいて、効率良く成長ホルモンを出すためには、体へのたくさんの刺激が必要になり、毎回のトレーニングごとに体を限界まで追い込むことが大切になります。短期間で効果を出したいのならば、この体への刺激を最大限にすることが必要なのです。しかし大切なことは、しっかりと体力を回復させることです。筋量を増やすためには、十分な回復が必要となるからです。